まろれとのお家  ~まろれとママのあんよ日記~

先天性股関節脱臼で子供の頃に手術をしています。現在は変形性股関節症の状態ですが、一児の母です♪足のこと・家族との毎日・趣味のこと、いろんなことを書いてます。コメントいただけると嬉しいですっ!「こはく」という名前で、はんどめいどの活動を始めました。    
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 恐怖の1日・・・。TOP毎日・生活のこと ≫ 恐怖の1日・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

恐怖の1日・・・。

 今日は恐ろしい1日でした・・・。

 前回の受診から数日。本当に治療を開始するのが怖くて、記憶だけに頼っているから、余計に怖くてたまらない気持ちで過ごしておりました・・・。ネットで治療した人の話とか、治療の経過とか方法とか詰め物の種類とか、あらゆる情報を仕入れようと頑張ってもみましたが、まぁ~他人の経験談を見ても仕方がないか、とか、歯医者さんによって本当に違うものだしなぁ~とも思ってきたりして、少し冷静にもなれような気がしました。

 麻酔の注射が痛かった記憶があるし、歯を削る音が怖かったし痛かったような気がする・・・とか本当に小学生の頃の記憶をたどったり、まず歯科に行くこと自体が怖かったもので、多分あの歯科は下手なんだと思う、と兄妹の間では話してたりしたもので、いい医者だと麻酔の注射もそれほど痛くない、とパパが言ってたりと・・・。

 麻酔の注射かぁ・・・。でも注射って筋肉注射も痛いよなぁ~。今までにも何度となく打ってきたし、姫ちゃまの出産の時には腰椎麻酔もしたよなぁ~。あの時も色んな管をつけたり、注射もしたし、あれ以来かなぁ~?痛い思いをするのは、とか色々と思い出してみると、胃カメラもポリープ切除も結構痛かったし、何度もカメラものんだよなぁ~。と少しずつ頑張れそうな気持ちにもなって今日を迎えました。

 とはいえ、処刑されるんじゃないか・・・というくらいのテンションの低さの私。どんな恐ろしい目に合わせられるのかとビビりながら予約の時間までを落ち着かないながらも何とかリラックスしなくちゃ!と頑張りました。

 治療開始は、もう身体がガチガチでしたが、女医さんが、物腰の柔らかい方で、言い方もおっとりしている感じだったので、少しは落ち着きました。で、治療が始まるとなると男性の院長先生らしい方に代わりました。それで少しえっ?と思ったのですが、これまた優しい先生で、怖いよねぇ~。麻酔も痛いから嫌だよねぇ~。と私の気持ちを分かってくれているような言い方をされたので、ビックリしました。で、治療前に再度今日の治療の方法というか、進め方とか丁寧に説明をしてくれて、怖いから少しずつ治療しますからね、とか、何度も大丈夫ですか?と聞いてくれたりとか、随分と昔の先生と違うなぁ~と思いました。昔の先生は、口開けて!はい注射しますよ、も言わずに注射されたような記憶とか、削られて痛かったこととか、そんな記憶しかないし、休憩もなく延々と恐ろしい時間が続いたような気もしましたが、何度となく休憩のように休んだりとか、多分怖がりの私のために時間をかけてしてくれているように思いました。治療時間がトータルで2時間近くかかってましたからね・・・。

 でも、他の方も随分と優しい方ばかりで、少しずつリラックス出来ました。もちろん麻酔の注射は痛かったのですが、記憶よりは痛くもなく、あっという間に唇がしびれてきたのが逆に怖かった・・・。削る音も昔よりは小さい音だったし、少しずつしてくれたので、口をずっと開けて疲れることもなく、大丈夫ですか?と先生が何度も声をかけながらしてくれたので、何とか頑張れました。途中で画像で、こんな風になってますよ、とか経過も報告してくれたりして、こうなっているから、こうしましょうとか説明をその時々できちんとしてくれるので、これからどんな治療をするのか、どうなるのかということが分かったので、削られるのは、口を開けている間はどんなことをされるのか、痛くないのか怖かったけど、最初のような怖さ・不安は徐々に消えていきました。

 削ってみて、神経まで虫歯が進んでいたら神経を取りますね、と言われていたのですが、ギリギリセーフだったらしく、ホッとしました。でもまだ治療は始まったばかり・・・。これから少しずつ虫歯の治療を進めて行かなくちゃ、です・・・。今までずっと放置してきたのだから、痛みはなかったといっても、多分かなりギリギリのところまで進んでいる虫歯もまだまだ多いらしいので、また何度となく麻酔をして、ということの繰り返しになることは間違いないのですが、麻酔の注射がどれくらい痛いのか、治療がどんな感じなのか、ということが実際に分かって、思っていたほど、記憶にあるような痛みや怖さでもないということが分かったのと、先生方がとっても優しく接して下さって、大人でも怖い・痛いのは嫌だ、不安だという気持ちを分かって下さった上で治療を開始してくれるし、丁寧に説明をしてくれるので、その点でも安心して治療を続けられると思いました。

 麻酔が効いた唇は本当に気持ちが悪くて、食欲なんてないし、何か噛むと違和感がありましたが、神経の近くまで削ったので、痛みが出るかもと痛みどめも貰っていたので、夕方、それほど痛くてたまらないっ!ということはなかったものの、何となく痛いのが続いていたので、一度飲んでみました。するとかなり楽になって、普通みたいな感じに戻ったので、随分と気持ち的にも楽になりました。

 今日は、もう何にもする気力もなくて、ゴロゴロしてしまいましたが、また明日から頑張らなくちゃ!

 ちょっとやる気になったので、姫ちゃまの運動会用に、動きやすくて可愛らしいショートパンツかキュロットを作ってあげようかな?なんて思って、ゴソゴソと準備しています。姫ちゃまには内緒です。出来るかどうか分からないからね・・・。それよりも委託の作品を作りなさいよ、とも思うのですが、同時進行的に進めたいな。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。